STRUCTURE

確かな基礎・工法に
支えられた構造。

12本のコンクリート杭

建物の基礎下には、場所打杭頭部鋼管巻コンクリート杭を、強固な地層(約12.5m)下まで打設しています。

ダブル配筋

外壁などは、鉄筋を二重に組むダブル配筋を施工。シングル配筋に比べより高い強度を発揮します。

溶接閉鎖型筋

柱の主筋を囲むように巻きつける帯筋(せん断補強筋)には、溶接閉鎖型筋を採用。柱の粘り強さを高めています。

コンクリート強度

主要構造部である柱、梁、スラブには設計基準強度約27〜33N/m㎡(約2,700t〜約3,300t/㎡)のコンクリートを採用しています。

床・二重天井構造

スラブ厚は約200mm〜約275mmを確保しました。また、将来のメンテナンス性を考慮し、天井は上階の床下との間に空気層を設けた二重天井とし、配管・配線を通しています。

壁構造

外部に面するコンクリート壁の室内側には、吹付け硬質ウレタンフォーム(断熱材)を施工。冷暖房効果を高め、結露を抑制します。
戸境壁は音に配慮し、コンクリート壁厚約180mm以上を確保しています。

アイ・エル・シーボイドスラブ工法

ボイドスラブを採用することで、小梁のない開放感のある居室空間を実現します。また、床衝撃音遮断性能にも優れます。(一部タイプ除く)

LL(I)-4等級フローリング

遮音性の高いLL(I)-4等級フローリング(日本建築学会推奨基準が定める床衝撃音遮断性能に関する評価基準)を採用。階下への音の伝わりを軽減しています。

防音サッシュ

全ての面に30dBの遮音性能を有するT−2サッシュを採用しています。

断熱工法

屋上部分のコンクリート、外壁、最下階住戸のスラブ下などに断熱材を施し、サッシュを複層ガラスにすることで断熱性を高め、結露の発生を抑制します。

アウトポール

構造柱を専有部より外側へ出したアウトポール設計を採用。居室内に柱の出っ張りがなくなり、デッドスペースのないすっきりとした空間を実現します。(Aタイプ除く)

住宅性能評価

国が定めた第三者機関の客観的評価に基づく「設計住宅性能評価」、「建設住宅性能評価」を取得。

差圧式給気口

住戸内の気圧が屋外より低くなった時に、内臓されている蓋が開き、外気を給気します。

24時間換気システム

室内の空気を微風量で循環させ、24時間強制的に換気。お部屋の湿気や匂いなどを追い出し、清潔な空気環境を維持します。

シックハウス対策

内装建材や家具は、シックハウス症候群の予防効果が高いF☆☆☆☆を採用しています。

SECURITY

ひとつ上の安心を目指す、
次世代型セキュリティシステム。

TRIPLE SECURITY ご家族の安全を見守るトリプルセキュリティ。

共用エントランスでの認証に加えて、エントランスホールから各邸へアプローチする動線上にも認証が必要となるダブルオートロックシステムを採用。各邸の玄関と併せて3重のセキュリティで、不審者の侵入を未然に抑止します。

凡例

※敷地配置図:1階平面図イメージイラスト

24時間住戸別セキュリティシステムCSP セントラル警備保障

共用・専有スペースのセキュリティには、オンライン監視による24時間セキュリティシステムを採用しています。火災、非常、侵入(警備セット時)などといった異常信号の発生源を、警備会社のコントロールセンターにおいて瞬時に判断します。非常事態が発生した場合には、緊急対処員が急行してスピーディーに対応します。

24時間住戸別セキュリティシステム図

防犯カメラ

敷地内・マンション内の各所に防犯カメラを設置。不審者の侵入や迷惑行為の抑止効果を高め、安心な暮らしを見守ります。

録画機能付
インターホン

訪問者をエントランス、玄関前の二重でチェックできるカラーモニター付きハンズフリーインターホンを設置しています。不在時には訪問者映像を自動録画することができます。

プレティナレジデンス瑞穂陽明 ICカードキー 名古屋鉄道[㈱エムアイシー]発行のICカード乗車券「manaca」(マナカ)を採用します。プレティナレジデンス瑞穂陽明 ICカードキー 名古屋鉄道[㈱エムアイシー]発行のICカード乗車券「manaca」(マナカ)を採用します。

不正開錠を防ぎ、
高い防犯対策を備えた玄関ドア

玄関ドア(外側)、玄関ドア(内側)
1.非接触キーシステム
キーで錠前を直接操作することなく玄関ドアの電気錠を使用することができます。
1.非接触キーシステム
理論鍵違いは1,000億通りとなり、不正開錠やドリル攻撃にも強い構造です。
1.非接触キーシステム
鎌状の金具がドア枠に食い込む構造のため、バール等による「こじあけ」を防止します。
1.非接触キーシステム
防犯性をさらに高めるために、玄関ドアの2ヵ所にディンプルキー対応のロックを設置しました。
1.非接触キーシステム
スイッチをツマミながらでないとサムターンが回らない仕組みで、不正開錠を防止します。
1.非接触キーシステム
ドアスコープを外しての不正開錠を防止する空転リングと本体の回転防止構造を採用しています。
1.非接触キーシステム
共用廊下・ポーチに面する窓には防犯性の高いルーバー面格子を設置。
1.非接触キーシステム
全住戸の窓(FIX窓除く)と玄関ドアには、防犯センサーを設置しています。

※掲載の写真はメーカー参考写真及びモデルルーム(Aタイプ)を撮影したものです(2019年4月撮影)。